Sister,アロマヒーリング,レインドロップ,ヒプノセラピー,ディヴァインローズ,ヤングリヴィング

新潟市中央区 営業時間:13:00~21:00 休業日:水金
HOME心のとびら>観念(思い込み)

 観念(思い込み)

自分の問題に気づいている場合もそうでない場合も、
現実は自分の意識が引き起こしています。
そのような状況を生み出すもとにある観念を手放さない限り、
繰り返し同じ問題に見舞われ続けることになります。

ある自己分裂症の女性が、ある人格になっている時は糖尿を患い、別な人格になっている時は全くの健康体になっていたそうです。
糖尿を患っている時のその女性は、そのような症状を引き起こす観念を備えていたのです。

現在の状況に不満がある・・・
幸せでない、お金がない、出世できない、健康に不安がある・・・
そうした状況にあるとすれば、そのような意識がそれを生み出していることがあります。
自分の内なる意識のどこかに、そういう問題も含めて
それを望んでいる部分があるということです。

「えっ?」って思うかもしれません。
例えば・・・

「新車が欲しい。」
(私には新車を買う余裕はない)
(買っても維持していくのは大変だ)
(周りがなんて言うだろう)

「100万円貯めたい」
(今まで貯まらなかったんだから、これからもだめだろう。)
(お金を貯めるには一生懸命働いて、節約するしかない。しんどい。)
(私の稼ぎでは無理だ。)

「彼ともっと親しくなりたい」
(本当の私を知ったら、嫌われてしまうかもしれない。)
(私は愛されるに足る人間じゃない。)
(自分から言うのが怖い。傷つくから。)

「ダイエットしたい」
(今まで何度チャレンジしてもだめだったから。)
(私なんかどうせ意志が弱いから)

何がしたいか、どのようになりたいかをはっきり見据えた瞬間に、それを阻もうとする意識が出ます。
顕在意識や、潜在意識の中でさまざまな邪魔がはいります。
過去の心の傷による、罪悪感、無価値感なども顔をだします。

無意識の中で、「私は幸せになってはいけない。」と、自分を罰している場合もあります。

これらは思い込み、固定観念によるものです。
こうした恐れは、現実を呼びますが、これらは手放すことができます。
それらが思いこみであることに気づくことが大切です。

そして、幸せになるための宣言を自分に与えましょう!


NEXT>>


↑ PAGE TOP