"Sister"は新潟市のヒーリングルームです。アロマヒーリング・ヒプノセラピー・ディヴァインローズのエネルギーであなた本来の輝きを。

新潟市中央区 営業時間:13:00~21:00 休業日:水金
HOME体験談>ヒプノセラピー体験談3

体験談


もう既にずっとそこにいる

昨日は暖かいセッションありがとうございました。
特に好転反応も無く拍子抜けしてますが
ずっと抱えていたものが何故なのかが知りたくて
思い切って受けてみたのですが、本当に正解だったと思います。

前世の私が抱えていた事は私が日々口癖のようにつぶやいていた事でした。
なんで?どうして?
かと言って望みを持つことも知らずにただそこにいる…。
そんな前世と今の自分がピッタリと重なっていた事で腹の底から腑に落ちました。

そして現時点での問題だった人間関係。
自分があえてその人の次元まで下げて合わせていたのだという事に気がつきました。
それをやめたら不思議と穏やかな心で仕事をすることができました。
何故か昨日から相手の態度が丁寧になってて
何か企んでるのかと思ってましたが
私がセッションを受けるのを無意識でキャッチして自己保身に走ったのではないかと妄想してます。
いつもは皮肉と暴言で私に八つ当たりしてくるのですが、
今日は敬語で「ありがとうございます。助かります。」とか言われましたよ(驚)
いつまで続くかわかりませんが私にとっては重要でない人なので気にしない事にします(笑)
また落ちる事もあるかと思いますが、この人は重要ではないと唱えてもうその人の世界には足を踏み入れないと決めて関わらないようにします。
何をしても正解だから変化も恐れずに楽しみます。

そしてキリストとどうしたら繋がれますか?との質問で、もう既にずっとそこにいると言われた事。
何変な質問してるのか?という感じで言われたのですが、その事が本当に嬉しくて涙が止まりませんでした。
今日も運転しながら「ああ、側にいてくれるんだなぁ」ってウルウルしてたら目の前に虹が出てて、本当に側にいるのだと確信しました。

以前依頼演奏で子供達の前で演奏した時、とっても喜んで楽しんでくれてウルウルしながら帰ったのですが、その時自分の背中に羽が生えた気がしたのです。
気のせいと言うか妄想と言うか笑い話みたいな感じで心の中にしまっていたのですが、その時は本来の姿を思い出していたのですね。
今後演奏する時は背中の羽をパタパタして演奏する事を意識しようと思います(笑)

ただ一つ、気になっているのが未来の自分なんです。
幸せかと言われればそうだねー特に不幸でもないしねーって感じなのですが、どこか満たされてない感じだったんです。
望む未来をどうやって作っていったら良いのでしょう?

それと〇〇の件、面倒な事はやらないでしょと言われた事、納得してましたが一夜明け逆にやる気になってきました(笑)
そこまでお見通しな一言だったのかもしれないです。
実現するかもしれないし、しないかもしれない。
そんな感じで人生楽しんでいこうと思います。

本当に肩の荷が下りたというか私の魂の仕事はもう既にやっていた事で、このままで楽しんでいればいいのだとわかった事がとても大きかったです。
天使は天使らしくですね!

この度は本当にありがとうございました。

↑ PAGE TOP

すべてはお任せします!

やはり。。。「こういうことだったのかー!」ということがあったので、メールしたくなりました。
前世であった自分の兄弟らしき(双子かな?と感じていた)人、彼はやはり私の担当医ではないかな?と。
で、数日前初めて「ツインソウル」という言葉を知ったのですが、もしかしてそうではないかと。
そういえば、と思い、思い出したのは、
(中略)

と言われました(自分の日記に書いていたので確実、)。
この時は、変な言い方、変な先生、、、と思っていました。
こういうやりとりはずっとあって、その都度、「不思議なこという人だなー」と思ってました。。。
なぜだか全く好みのタイプでない(特に外見!)のに、心にずっといる感じ。不思議です。
二人の空気が前世で見た空気と一緒というか、、、
ただ、無理矢理に何かしようという気があまり起きなく(というかそこに執着していない)、
今は自分の浄化に専念中、すべては宇宙様にお任せします!現実に浄化の方が優先よ!という感じです。
自分がきれいになると自然と離れるかもしれないし、また再会するかもしれないしなー、どっちかなーとも思ってます。
ただつながりが深いソウルメイトかもしれませんし。
なんだか、分からないうちは、モヤモヤしてましたが、知ると執着が薄れるという感じです。
どっちでもいっかー、というところです。

↑ PAGE TOP

ずっと止まっていた自分が少しずつ動き始めました

実生活にも、意識せずとも活かされています

家に帰ってから、前世の記憶が気になり、調べてみると、司祭だと思っていた人は、修道士だったようです。
しかもフランシスコ会というカソリックの修道士が服装もぴったりでした。
昔の修道院は病院も兼ねていたようですね。
農作業もしたようですし、17世紀ヨーロッパは最後の宗教戦争の最後の時代(プロテスタント対カソリック)なんだそうで、私が見た前世の世界は、ある程度実際にあったんだろうなと思います。
また、今回は全く無音の世界だった(その次に会った牧師や天使は何となく違っていました)ようなので、不思議だったのですが、耳が聞こえず、言葉を持たないということではないのかなとも思っています。
私の死に際にいた、修道士と自分の兄ですが、これも陽と陰のような関係で、陽の修道士はエネルギッシュに明るい感じ、陰の自分の兄は、さわやかに穏やかに、という感じでした。
自分の兄は普通の兄弟以上のつながり、例えば双子とかかな?以心伝心のような、すごくつながりを感じていたようです。
自分の耳の代わり、声の代わりを務めてくれていたのかもしれません。
修道士は私を暖かく看取ってくれた人、自分の兄は私の死に際では、ものすごく悲しんで、自分のせいでこんな目に遭わせてしまったと思っていたようです。
私が思いを寄せていたのは修道士で、思いを寄せられていたのは自分の兄から、のようです。
どちらにしても禁断の恋ですねー(笑)
この自分の兄であった人も、実際に会ったことがあるような、ないようなそんな感じです。
今回わかったのは、こと恋愛に関しては、特に自分を表現するということについて、ガチガチに心が固まっている部分があるんだな、ということです。
これからじっくりといやしていきたいと思っています。

それから、せきさんに、「勉強になった」と言われましたが、今月に入り、その言葉をかけてもらったのは4人目です。
しかも、私の主治医だった医師にも半年前の一区切りの診察のときに同じことを言われました。
そして今日、私もある人にその言葉を言いました。
必要なときに必要なことが起こり、人と出会うのかもしれませんね。
今後ともよろしくお願いします。

(その後のお便りで)
今の自分がどれだけ「感じてはいけない」と心に制限をかけているか、ということを感じることができたというのがとても自分にとっては大きかったようです。
伝えることが物理的にできなかった人生をもう一度みることができて、よかったです。
なんとなくですが、インナーチャイルドの影響というより、もっと深いところの影響が強いように感じていましたので。
「何でもありだぜ!!」という毒舌天使や秘密だらけの牧師が出てきたことも、とても意味があります。
この「追体験」のような経験は、実生活にも、意識せずとも活かされていて、ちょっとした「気持ち」を口に出せているなと、ほんの2,3日ですが感じることが多いです。
体験談の掲載はもちろん大丈夫です。
1人でも多くの人の目に触れて、見た方とせきさんの幸せにつながれたら嬉しいです。

↑ PAGE TOP

自分で自分のことを幸せに

金色のエネルギーが

中世のドイツ周辺での、息子との過去世のこと。
あれが一番強い感情の解放でした。
息子とのことはまだまだ課題はあるのですが、ああして別な人間だった頃のことを思い出せて良かったなあと思います。
しかしながら、私は世界史がめちゃくちゃ苦手なので全く知識がなく、最中は(これ、史実と全然違うんじゃ?十字軍て別の国だよね?)と思っていたのですが、帰宅後調べて驚きました。
合っていたのです。旗も同じ。
ドイツにも十字軍はあったんですね。
名前についても調べてみたら、オスカーもクラウディアもその周辺に多いものでした。
極めつけは、最初に「ディアと呼んでいる」といった息子のこと。
クラウディアの愛称が「ディア」だと書かれているサイトがあったんですよ。
本当に驚きました。

もう一つ。
エジプトの過去世で、手から金色の光を出して、ヒーリングしていた事。
催眠療法中も自分でやったら、効いたので、帰宅してもやってみたんです。
そしたら、やっぱり(あの時ほどでないにしろ)効果があるのです!!
その日もお話したのですが、結局その後、レイキの伝授も受けて参りました。
すると、レイキのエネルギーというより、その時の金色のエネルギーが強くなったんです!
上手く流せる時は、全身熱くなって汗をかくことも。
私自身は視覚認識タイプではないので金色は見えないのですが、イメージとして、マゼンタ色の美しい螺旋のエネルギーが入ってくるのが感じられました。
またひろこさんと、そういった事についてもお話したいです♪

↑ PAGE TOP

木を思い浮かべて

まず、瞑想誘導にて、過去生の扉の前に立たされました。
私が想像した物は、金属製の茶色い、重たい扉でした。
その扉を開けると、丘があり、お城に続く一本道がイメージされました。

だんだんイメージしていくうちに、そのお城につとめる警備?の騎士じゃないか、というイメージが湧いてきました。
次に、20人くらいで四角いテーブルを囲み、食事をしているイメージがわきました。
年は30歳位?
名前は?とっさに出てきた名前が「ヨハネ」。
(よ、ヨハネ?ヨハネパウロ2世か?そんな突込みが浮かんでしまい、せきさんには、なんだかもう恥ずかしくて、答えられませんでした。)
次に「そこであなたが一番嬉しい事はなんですか?」と聞かれ「戦いに出ています。
馬に乗っています。たくさん人が居ます。戦って、勝って。勝って。嬉しいです。」
戦っている高揚感。勝つ高揚感。皆と一緒に戦っている一体感などが感じられました。
次のワクワク。船に乗って、知らない街を征服する?そのリーダーを託されていました。
王様の前で任命される。その期待感と不安感と、嬉しい気持ちがイメージできました。
まるで映画のワンシーンみたい。本当にこれ、私の前世?映画で見たシーンを、勝手に想像しているだけじゃないの?という感じ。
でも、イメージは、せきさんに質問される毎にどんどん出てきます。
「結婚はしましたか?」という質問に対し、「しました。でも、政略結婚みたいです。
征服した土地の御姫様なのか。。あまり本人は喜んでいないようです。家庭にもあまり興味が無い感じです。」
次に、街が広く見渡せる高台の上に居ました。とっても充実しています。
多分、自分が納めている土地?のようです。
最後に、臨終のシーンを思い浮かべました。奥さんが泣いています。
あまり興味の無かった奥さん。最後には大切な人になったようです。
この世でまた会いたいですか?と聞かれ、会いたい感じになっている感じがしました。

次は、現世の未来に行きました。おばあちゃんと誰か、海の見えるリゾート地のようなホテルでやはり高台?から海を見てこしかけています。
幸せですか? 充実していますよ。
そうなる未来になる為、何かすべきことはありますか?
特に無いです。気づいたらこうなっていた感じ。 
あなたは直観力がするどいから、来るべき時が来たらきっと気づいて判断して、正しい行動ができるはず。
だからあまり焦らなくてもだいじょうぶ。と言われました。
おだやかそうなおばさんでした。髪は白髪だったなぁ。。眼鏡かけてました。
次に、魂になって空高くあがって行きました。
真っ白い空間。そこにおじいちゃんが居ました。
ひげを生やした仙人のような。
微笑んでいる感じのおじいちゃんは、なにもあまり言いません。
その他は誰もいないようです。
なので、そのおじいちゃんと一緒にさらに上の、宇宙より上まで行く感じをイメージしました。
また白い空間。
今度は、金髪で、ウエーブ掛かった女性が後ろを向いているのがぼーっと想像できました。
誰なのか。マリア様?そんな感じがしました。
でもあまりこっちに関心を示してくれません。
「あんた、何しに来たの?こっちは忙しいのヨ!」みたいな。
相変わらずおじいちゃんも何も言いません。
せきさんは、どんどん質問してくるし。
困ったせきさんは「じゃあ、誰か別な人を呼んでもらいましょう」
で、サンダルフォンらしき若くてかっちょいい感じの良いおにいさんがやってきました。
「あなたは私のガイドですか?」「そうだよ」
やっと助け舟が来た~という感じ。
そっからは、記憶がボーっとしてます。
キラキラした光をやりとりしたり。過去性の“ヨハネ”(30代)を呼んだり。
ヨハネ君から木をもらったり。
なんで“木”なの?と聞かれて「もっと過去の私が"木”だったから。樹齢1000年を超える木だったんだよ。
何かあったら、その木を思い浮かべ、平常心を保ちなさい」と言われました。
客観的に物事を見れるから。
沢山の体験をしなさい。今のままでだいじょうぶ。
直観力が優れているので、その時が来たら気づくことができるから。
”ポジティブな気持ちを忘れずに、辛い事があったら、木を思い浮かべて、平常心で。”と言われました。
素晴らしいアドバイス!
でも、本当に自分自身で想像したという感が、否めないのが残念です。。。
うーん。もっと自分を信用しなければ。
でも、始終涙が出ていたのと(胸がいっぱい!だったのでしょうか。。)
途中頭がぼーっとしていたのと考えすぎたのか?左頭が痛かったのが気になります。
いきなり素人が、そんなはっきり催眠状態に入れないよなー。
そして、今過去生を作れといわれても、あんな壮大な物語、作れないもんね。
あせらず、ゆっくり。辛くなったら木を想像して。
後は、毎日瞑想を心がけます!!!
きっとなにかが切り開かれてゆくはず!流に乗りましょう!^^

↑ PAGE TOP

自分は愛されているのだということを思い出しなさい

催眠療法って、もっとふわふわと夢みたいな感じなのかな...と想像(期待?)してました。
まさかあんなへヴィーだとは...!!(笑)
あの日は朝から頭が痛くて、行きのバスの中で気持ち悪くもなり、そしてセラピーの途中で胸の真ん中も痛くなり。
胸の痛みはセラピーの間だけでしたが、頭痛と気持ち悪さは終わった後も続いていました。
帰りのバス停に向かう途中、食欲はないけど何か胃に入れた方がいいかなと思い、コンビニに寄って海苔巻きを一つ買いました。(そこでもまたトイレを借りましたよ^^)
そして、しばらく歩いてからようやく歩く方向を間違えた事に気付き!!!
あわててUターンしました。
やっぱりぼ~~っとしていたんですね。
セラピーの中で見た過去世や、天使、神様、そしてマザーテレサは、やっぱり自分で勝手に想像してる感がぬぐえず...(汗)
過去世の女性やそこでの出来事にもたいして感情はわかなかったので、???なのですよ~。
何でも頭で考えてしまうタイプなので、なかなか入り込めないのかもしれません。
ただ、始めの方で、宇宙に上がっていく時、木の小屋でスープを飲んだとき、胸に何かがこみあげてきて涙が流れてしまったのは、あれは自分でも不思議でした。
正直、見たこと、聞いたことは自分の想像のような気がします。
でも、あの胸の痛みは本当でした!!!
これだけは、気がする、とかそんなカンジ、ではなく実際に痛みがあったので、やっぱり何か(目に見えない存在による何かと言えばいいのかな?)が起こっていたんですよね!
テーマは、愛?
やはりそこから?
愛しなさい、というよりも、まずは自分は愛されているのだということを思い出しなさいと言われている気がします。

携帯の待ち受けを、今日、マザーテレサにしてみました。
画面を見るたびにマザーが私に愛を送ってくれます! ^^
明日からハローワークの職業訓練に入るのでしばらく忙しいのですが、タイミングよく自由になれる時間が作れたら、是非またお願いしたいと思います。
これは1回や2回でOK、終了~!というものではないですね。
あせらず時間をかけて自分への旅をしていきたいと思っています。
ようやく1歩、せきさんのおかげで踏み出せたのだと思います。
どうもありがとうございました。
また、宜しくお願いします!   

(体験談掲載について)
セラピーを受けようか迷ってられるどなたかの参考になればうれしいです。

↑ PAGE TOP

魂が望むことのためだけに、生きればいい

以前別な先生から受けた時には、見える映像らしきものが微妙で、「本当はこれは自分で作っている妄想なのでは」といった疑心暗鬼が消えなかったのですが、今回いろいろお話を伺い、そういうタイプもいるのだとよく解り、安心して受けることが出来ました。
療法の後はやはり色々と直感が冴えてくるのか、のちのち気付いたり思い出したりすることが色々ありました。
そこで判ったことを、感想としてお送りさせていただきます。

まず、清朝末期(中国)の過去世のこと。
「木底の靴を履いていた」と言いましたが、日本の下駄じゃあるまいし、そんな靴履くものかしらと思って、後ほど調べてみたんです。
そうしたら、あったんです!満州の辺りの人達は、今でも木底の靴を履いている方もおられるとか。ビックリです。
友人の見た(感じた)過去世ともたくさん一致することがあることが後で判り、自分の見たものは本当だったのだとよく解りました。
(名前、建物、服装、髪型、亡くなる時のことなど)
裏づけが色々取れましたが、こういう事は初めてだったので、とにかく驚いています。
また、家族の件でも。

「光の存在」として出てきたアリアだった時代も、中国でのカーファだった時代も、
そして今もそうですが、私には、「枠にはめて物事を見る」
そして「理想を押し付ける」癖があったようです。
たとえば、「家族なんだから、分かり合うべき。助け合うべき」「恋人なんだから、愛しあうべき」などといった。
けれども、私自身も、他のどの人も、「誰かの人生での役」を生きている訳ではないんです。
たとえば、夫は私の旦那さんという役だけども、でも夫は夫自身な訳です。
誰かの理想の役に徹するために生きている訳ではない。
全ての人がそうなんです。
店の従業員も、家族も、恋人も、子どもも。
誰かのための「役」をこなすために生まれてきたんじゃない。
その人自身の魂を、より高みに連れていくために、それぞれが必死に生きているんです。
それを遅まきながら実感して、反省すると共に、心がすごく楽になりました。
私も、私自身の魂が望むことのためだけに、生きればいい。
そう解ったからです。
誰かのために頑張らなくていい。自分が気持ちよく、ただベストを尽くせばそれでいい。
今は、そういう気持ちでいます。
長くなりましたが、大変素晴らしい時間をありがとうございました!

↑ PAGE TOP

自信がもてる出来事が

インナーチャイルドヒーリングのあとは、なんだか自信がもてるような出来事がたくさん起こりました。
来てくださるクライアント様(リピーターの方)の変化が著しく、愛が深まり、感動を覚えるような体験談を聞かせて頂きますと、まがりなりにも何か手助けができたのだとうれしく感じます。

↑ PAGE TOP

これが「自分を大切にする」って事だとわかりました

せき様、昨日はありがとうございました!感謝の気持ちでいっぱいです。
その後のご報告を…。
あれから主人と話をして、今まで我慢していた私の彼への希望を伝えました。
そしたら主人も、ずっと言いたくて言えなかった希望があったらしく、話してくれました。
その日は自分の気持ちに正直に、あまり家事をがんばりませんでした。
すると主人も、いつもは頑張って手伝ってくれていた家事をがんばりませんでした(笑)
最後にポツリ…『俺も、もっと自分の気持ちに正直になっていいんだな…』って。
本当に夫婦は合わせ鏡。こちらが我慢すれば相手も我慢する。
こちらがムリして頑張れば、相手もムリして頑張ってしまう。
ということは、自分がラクになれば相手もラクになるんですね。
自分が幸せになれば相手も幸せになる。
こんないいコトないですよね!
この事が実感できたので、これからは罪悪感は持たず、多少の遠慮(思いやり)は持ちつつ、自分の気持ち・やりたい事に正直になろう!と心から思えました。

あと、子供の頃のオモチャの記憶、ハッキリ思い出しました。
私は結局、母が「こっちで我慢しなさい」と言った安いオモチャでなく、欲しかった高いオモチャの方を買ってもらったんです。
でも喜びより、安いオモチャに対して「こんなのヤダッ!」って拒絶した事への罪悪感がすごかったみたいです。
でもね、驚いたのが、そのオモチャと会話できたんです。
「私はあれから別な人に買われて、大事にされて幸せになったの。
だから気にしないで。かえって、あなたに買われなくてよかったわ」ですって(笑)
救われましたね~。許されたんだ、って。
もしかしたら本当にオモチャが喋ったわけでなく、私の心が勝手に作ったセリフかもしれません。
でもね、大事なのは“それを自分が納得できるかどうかだ”っていう事に気づいたんです。
オモチャのコトバはすんなり私の心に入ってきて、素直に受け入れる事ができた。
だから、それでいいんだと思います。
オモチャさん、ありがとう。

セラピーの途中で思わず飛んでしまった前世にも、後から納得できる事が沢山ありました。
細かいことは長くなるので割愛しますが、「あぁ、だから私はこの色・食べ物が好きなんだ。この絵に惹かれるんだ。人一倍戦争が嫌いなんだ…。」と、面白いようにスルスル繋がりましたよ。

最後にもうひとつ。幼稚園児の私は、相変わらずクールで手強いです(笑)
でも、こんな事を言ってくれました。
「あなたが素直になれば、もっとあなたの事を好きになると思う。私が“こんな人になりたい”って思えるようなあなたになってよ。そしたらひとつになってもいいわ」って。
ひとつになった3歳の私は、すっかり安心しきってスヤスヤ休んでいます。
大きな光は変わらず私を包んでくれて、安心を与えてくれます。
…セラピーを受けてから、小さな行動のひとつひとつにまで、それに対しての“自分の”気持ちを確認できるようになりました。
これがいい意味での自己中心的・自分を大切にするって事だとわかりました。
“小さな私”との会話も、よりスムーズに、スピーディーにできるようになりました。
セラピーは、これらの事(自分で答えを導き出す・自分で自分を癒す・自分を大切にする)ができるよう、きっかけを与えて導いてくれて、そのためのスキル・コツを教えてくれるものだと思いました。
本当に、本当に、ありがとうございました。
拙い文ではありますが、もしせき様が必要だと思われたら、どうぞ体験談として使って下さい。
これによって、誰かが興味を持って、セラピーを受けることによって救われたら幸いです。
せき様が、私が、みなさまが、ますます幸せでありますように。
ありがとうございました。

↑ PAGE TOP

宇宙人との遭遇

前回は前世療法(宇宙人へ遭遇の旅)、ありがとうございました!
セラピー直後は「今回は好転反応があまり無いかな~?」なんてぼーっとしていたら、その後一週間、頭が重い、眠い、考えられない・・など病み上がりのような状態が続きました。
そして、更にその後さまざまな感情の浮き沈みが激しくあり、パートナーに当たりながら(ごめんなさい)アップダウンを繰り返した後、
「とりあえずやらなきゃ!」「私できる!」と以前に増してやる気が起こり、今までなんとなく胸にあった「どうせやったって無理、時間ばっかりかかってしょうがない、ブツブツ・・」といったようなうっ屈した部分が、今思うと無くなりました。
なんだか違う人になった感じです。
私の身体を新鮮なエネルギーが走ってる~とか、なんだか頭も体も感情も、クリアな感じがします。
こんな感じは初めてです!
そしてネガティブな人に対しても、以前は「ネガティブが移ったらどうしよう」と、ちょっと怖かったのですが、なんだか今は「私は大丈夫だから」と強い意志が芽生え、振り回されにくくなったような気がします。
疲れているときは、無防備になりがちですが。

自分が変わったからでしょうか、不思議と落ち込んだ人たちから連絡が続いてありました。
きっと練習を促されているんでしょうね。
昨日宇宙人から伝授してもらったエネルギーを初めて木に流してみました。
木に「流してもいいですか?」と聞くと「やってみて」との答えが。
流してみると、私の手の指先が木と溶けて一体化していくようなイメージが湧きました。
そしてさらに、「木の中心のクリーム色の明るいエネルギーまで到達して、そこといつか一体になる」というようなイメージも湧きました。
なんだかこのエネルギーは木、花、植物、動物と関係が強いように感じます。
お友達のうさちゃんにも流したところ、気持ち良さそうにしてました。
そしてこの前アトリエで「ああ!!」と気がついたのですが、今人間と人の身体が繋がった作品を作っているんです。
ギリシャ神話のダフネのような。半身木、半身女性の。
新潟にいたときから、完成せずにづっとうやむやになっていた作品でしたが、最近やっとやり始めたんです。
それでぼーっと見ていたら、「これってこの前宇宙人にもらったエネルギーのことだ!!」と急に気がついて、びっくりしました。そしてとても面白かったです。
作品のイメージは完全に上からもらっているんだなーと、特に最近思います。
「気がつくの遅いよ~」と宇宙人は思ったでしょうか。

↑ PAGE TOP

あなたは神の子

ひろこさんにワンネスとディヴァインマザーをアチューンメントして頂いてから、見えない波動の高い存在からメッセージを受け取れるようになったことは、外国で生活を始めた私にとって、一番の心の支えであり、大げさですが「ここで生き残るための技」のように感じます。
(注:海外にお住まいです。電話セッションをさせていただきました。)

振り返ると、大変だったな~よくがんばったね!って自分を褒めてあげたいです。
最近よく近所の植物園へ行って、木や植物とコンタクトを取って、自分のコンディションを整えていますが、セッション中に緑の植物の妖精も出てきて、あ、今すごく身近なのね~と実感しました。
おくるみに包まれた赤ちゃんの私が、マリア様に抱っこされているのを見て、自分という存在もまた光の存在で貴重な尊敬すべき存在なんだ、とひしひしと感じました。
「どうせ私なんて」って30数年も思い続けてたなんて、本当におかしいですね。
セッション後、ぼーっと夕食を作りながら、「この子は神の子」とマリア様に言っていただいたのを思い出し、涙が溢れました。
それと、生まれたときに家族に歓迎されたこと、優しそうな両親のもとに生まれて、安心して安らかに抱っこされていたことを思い出せて、本当に良かったです。
癒されました。
最後のマリア様の祝福の言葉は
「あなたは神の子だから、欠けているもの、怖いものなんて何もない。」でしたね。
これから何度も心の中で自分に言い聞かせたいと思います。
それからまわりに苦しんでいる人、さみしいと感じている人がいたら、このことを伝えて少しでも元気になってもらえたらいいなと思います。
ひろこさん、今回も本当にありがとうございました。

↑ PAGE TOP

「私」が覚えている

先日は前世療法でお世話になりました。
長時間ありがとうございました。(実感は30分程なのですが。)
受ける前の私の不安や疑心暗鬼とまではいかないけれど、疑っている部分を聞いていただいて、肯定していただいたことで自分で思う以上の経験ができたと思います。
終わった後に「映像が見えました。」とお話しましたが、感じることもありました。
例えば、「風を感じること」です。
頬や髪の毛を風が通り過ぎる感覚がありました。
この感覚は「夕日をただ見ていたかった。」場面に起きました。
また、前世療法を受けた翌日、夕日が美しくてしばらく見とれていました。
何度もです。
美しくても、職場にいる時は時間と気持ちの余裕がなくて、立ち止まって見ることはありませんでした。
時間に追われる生活の中で、失った「私」を取り戻しているのかなと思いました。
膝の温かくなる感覚といい、「私」が覚えているのですね。

療法の最初に「何でも聞いて下さい。何でも答えてくれます。」
とひろこさんが言われたことが、終わってからわかりました。
どんな小さなことでも、答えてくれる、答えをもっているのですね。
最中にしゃべりながら(正確にはしゃべらせられながら?)
「ああ、そういうことか!」と納得することも多々ありました。
これはおもしろい感覚でした。
まだ数日しか経っていませんが、何かが変わったと思います。
感覚として感じていても、言葉にするのが苦手な私なので、それを言葉にする練習をしていきたいと思います。
ありがとうございました。
そして、あの日の帰り駐車場までの路肩に88-88ナンバーの車を見つけ、さらに喜んで帰宅しました。

↑ PAGE TOP

自分を愛してあげる

今日も楽しく、また安らぎと気付きに充ちた時間を有難うございました。
インナーチャイルドを通して触れた小さな頃の私は、自分が何か発言する前から、頭ごなしに怒られるのではないか、拒否されるのではないかと素直に甘える事ができず、とても小さくて弱く、塞ぎこんでしまう女の子でした。
そんな、私でもあり、幼かった頃の自分に、「また話しても言いんだよ、私は私を怒らないよ、思い切り甘えて良いんだよ、本当はもっと沢山喋って良いんだよ、と声を掛けるだけで、またそれを許可することで、こんなにその子も私も変われるものかと驚きました。
その子に許可を与える事が結果、自分自身への最大の癒しにもなってました。
乗り越えられない人間関係の問題を解決するには、単純に「気付き」と「許し」だけが必要と思ってましたが、今日その根本的な原因がインナーチャイルドにあり、またその子の望む事を叶え、言いたい事にちゃんと耳を傾け、そして私が居るから大丈夫、もう安心して良いよと約束した途端、自分で張り巡らしていた防禦の壁が僅かでも消えて、首から胸にかけての黒い蟠りがふわふわとした頼りない、霞のようなものになるのを感じました。

私がインナーチャイルドヒーリングで得たものは、改めて「自分を愛してあげる」というものでした。
小さくて弱くて本当の事を言えなかった自分を抱き締めて、私が愛して上げると宣言するだけで、その子に与えたものと同じものを、例えば安心感、信頼感、自分と自分自身との深い絆を貰えました。同時に。
それは物凄く幸福に充ちていて、純粋な愛、心を開く喜びも感じられます。
強く抱き締めると、本来の自分を取り戻せる感覚もあります。
実際は未だ、過去の自分と対話するのが(相手は自分なのに)恥ずかしかったりしますが、時間を掛けても良いから二人三脚で前に進むうちに、いつか自然と一つになれるでしょう。
今はその予感を信じて、何でも良いから話し掛けて、丁寧に自分を愛して行きたいと思います。

今回も前回同様、せき様の1つ1つの質問は、自分で自分にはっとする気付きや発見があって、怖さも不安も無く、穏やかなセッションの中で自分を見詰め直す事ができました。
これからも私が、私らしく生きられるよう、前向きな気持ちになれて幸せです。
有難うございました!
このインナーチャイルドを受けて、もしかしたら見たくなかった過去を見て、それに傷付き、悩みが広がったらどうしようかともちらと考えましたが、そんな心配は全く無用だったんですね。
本当に全く無用でした。

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP